まさかのまさか…

2020/3/30/4:17

やすらぎロスのさなか、ショッキングなニュースに愕然とした。
「志村けんさん死去」
まさかのまさか…。新型コロナにかかっていたとは聞いていたが、まさか志村さんが亡くなるとは…。
私は「8時だョ!全員集合」で育った世代である。ある意味で志村さんはヒーローでもあった。
時が流れて80年代の後半、「8時だョ!全員集合」は終わり、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」が始まった。私はその頃、芸能記者をしており、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」の収録には何度かお邪魔させていただいている。加藤さんや志村さんと親しくなったわけではないが、話しかければ、きちんとコメントをくれた。「全員集合」の頃のイメージから真面目には取り合ってくれない、ふざけたコメントが飛び出すのだろうと思っていたのだが、意外に真面目で真摯なコメントが多かったように記憶している。「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」に出てきた「マツタケマン」もたしか志村さんの発案で生まれたキャラクターだったはずだ。これはブレイクすると思い、某週刊誌のデスクに直訴してページをもらい、「マツタケマン登場!」の記事を作った。時期は少し遡るが「オレたちひょうきん族」で大当たりした「タケちゃんマン」に匹敵するキャラクターになるのでは、と期待してのことだった。
結果的にはマツタケマンは3回ほど登場しただけで、フェードアウトしたが(デスクに白い目で見られたが)、志村さんはその後もいろいろなキャラクターを生み出していった。その独創性や創意工夫、そしてなによりも努力は並大抵のことではなかっただろう。
あれから三十余年、志村さんとお会いすることはなかった。しかし、山田洋次監督の新作『キネマの神様』に主演されると聞いて、まだまだ活躍されていくのだと思っていた。
そういえば、と思い、抽斗をさぐると「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」のテレフォンカードが出てきた。2枚組の豪華なテレカだった。
自分の中でくすぶる少年時代がまたひとつ終わったような気がする。
志村さんのご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする