「大陸」とあだ名されたコスモポリタンの流儀

今冬発売!宝田明『送別歌』

著者 宝田明

出版年月日 今冬発売予定

ISBN 978-4-9911368-1-8

仕様 四六判・ソフトカバー

頁数 260頁前後(本文)

定価 1,600円+税(予価)

“ゴジラ”の同級生として俳優人生を歩んできた私だから語れることがある。

平和は一国だけではつくれません。満州でコスモポリタンに育ち、戦後、日本に入ってきた外国映画によって異文化を知った私は、それぞれの民族には文化があり、共存し、助け合うことで平和はつくることができると肌で感じています。


4月10日にご逝去された映画作家・大林宣彦さんが
遺したラストメッセージ集です

4月25日発売!『キネマの玉手箱』

著者 大林宣彦

出版年月日 2020/4/25

ISBN 978-4-9911368-0-1

仕様 四六判・ソフトカバー

頁数 206頁(本文)

定価 1,500円+税

概要

余命半年を宣告された映画作家の人生哲理
癌患者、映画作家、軍国少年、未来人としてのフィロソフィーを綴る

「温故知新」の精神こそが、豊かな未来への道標。
ユニコ舎は“未来に残すもの”としての出版事業を展開していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする