「NHKみんなのうた」アニメ原画制作者の最新詩画集

6月6日発行!詩画集『彩-SAI-』

著者 毬月絵美

出版年月日 2021年6月6日(6月5日発売)

ISBN ISBN978-4-9911368-3-2

仕様 変型判(210×210)・フランス製本

頁数 96頁(本文)

定価 2,700円+税

概要

「NHKみんなのうた」の「ソプラノレイン」でアニメーション原画を制作した毬月絵美の最新詩画集

独特の「彩」で心象風景を紡ぎ出してきた毬月絵美。
デリケートでありながら大胆な色遣い“Eternal Color”でアナザーワールドへと誘います。珠玉の46作品を収録!


旅行記者40年コサブロウが詠む俳句漫遊紀行

4月25日発行!『五七五の随想録』

著者 木村小左郎

出版年月日 2021年4月25日(4月24日発売)

ISBN 978-4-9911368-2-5

仕様 四六判・ソフトカバー

頁数 206頁(本文)

定価 1,600円+税

概要

日本と世界の旅の記事を書き続けて四十余年。日本旅行作家協会理事のコサブロウが訪ね歩いたのは、47都道府県はもちろん世界43の国と地域に及ぶ。1998年から始めた俳句は早々のビギナーズラックで文壇の重鎮・清水基吉氏に評価され、以来、23年間、俳句を詠み続けてきた。
現代の松尾芭蕉、与謝蕪村ともいうべきコサブロウが自らの足跡を俳句と散文で綴る随想録。


「大陸」とあだ名されたコスモポリタンの流儀

2021年1月30日発売!宝田明『送別歌』

著者 宝田明

出版年月日 2021年1月30日

ISBN 978-4-9911368-1-8

仕様 四六判・仮フランス装

頁数 262頁(本文)

定価 1,600円+税

概要

“ゴジラ”の同級生として俳優人生を歩んできた私だから語れることがある。

朝鮮生まれで満州育ち。戦後の引き揚げで初めて土を踏んだ故国での異邦人としての想い――。大陸で育まれた宝田明のコスモポリタンとしての気質は演劇の世界で開花された。
反核のシンボル“ゴジラ”の盟友として未来に託すメッセージとは?
満州からの過酷な引き揚げの旅を詠んだ「送別歌」に込めた、コスモポリタンとしての流儀を語る。


映画作家・大林宣彦さんのラストメッセージ集

4月25日発売!『キネマの玉手箱』

著者 大林宣彦

出版年月日 2020年4月25日

ISBN 978-4-9911368-0-1

仕様 四六判・ソフトカバー

頁数 206頁(本文)

定価 1,500円+税

概要

余命半年を宣告された映画作家の人生哲理
癌患者、映画作家、軍国少年、未来人としてのフィロソフィーを綴る


「温故知新」の精神こそが、豊かな未来への道標。
ユニコ舎は“未来に残すもの”としての出版事業を展開していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする