新刊(11月24日発売)

閑事 草径庵の日々


神奈川県横浜市磯子区の住宅地にひっそりと佇む小さな読書喫茶「本とお茶とときどき手紙 草径庵」。
2012年11月にオープンした「草径庵」の庵主が10年間の歩みをつれづれなるままにしたためたエッセイ集です。
草径庵の四季となにげない日常、お客さんとの交流、ライターとしての仕事などを独自の視点で綴ります。

仕様: 四六判 ソフトカバー

頁数:174頁(本文)

定価:1,800円+税

概要

好評発売中

境界 BORDER vol.2


「大東亜戦争の記憶」を綴る手記集、待望の第2集。

国家同士における相容れぬナショナリズムの境界、その諍いさかいから生じた生と死を分けた境界、戦前・戦中・戦後という時代の境界を赤裸々に綴る。終わりの見えないロシアによるウクライナ侵攻が続く中、必読の一冊です。

戦禍を生き抜いた8名の慟哭のようにも聞こえる心の叫びで紡いだ証言集です。

仕様:四六判 小口折(フランス製本)

頁数:262頁(本文)

定価:1,600円+税

概要

好評発売中

映画音楽はかく語りき


湘南ビーチFMの映画音楽番組「seaside theatre」のDJ・志田一穂(ジョニー志田)がタイムマシーンに乗って「映画音楽」の歴史を巡る旅へ。
同行者は1984年の志田一穂。映画を愛してやまないふたりの“志田一穂”が「映画」や「音楽」、そして「映画音楽」の魅力にかつてない斬新な手法でアプローチしていく。

仕様:四六判 ソフトカバー

頁数:382頁(本文)

定価:1,800円+税

概要

好評発売中

遠い記憶の中の街
廣田美耶子 銅版画 作品集


いつか見た風景――。
デジャヴを体験できるのが廣田美耶子の銅版画の魅力です。日々の生活や、旅先で受けたインスピレーションから生まれた33の銅版画作品を収録。

銅板に鉄筆で刻まれた点と線が色彩を得て、静謐かつ饒舌に踊り始めます。

仕様:AB判 小口折(フランス製本)

頁数:80頁(本文)

定価:3,000円+税

概要


映画音楽はかく語りき
志田一穂著 四六判 並製 382頁 
送別歌
宝田明著 四六判 仮フランス装 262頁
境界 BORDER vol.1
四六判 小口折(フランス製本) 270頁
キネマの玉手箱
大林宣彦著 四六判 並製 206頁
五七五の随想録
木村小左郎著 四六判 並製 206頁
遠い記憶の中の街
廣田美耶子 銅版画 作品集 AB判(21㎝×25.7㎝) フランス製本 80頁
刻-TOKI-
井上勝江作品集 A4変型判(21㎝×21㎝) フランス製本 96頁
彩-SAI-
毬月絵美詩画集 A4変型判(21㎝×21㎝) フランス製本 96頁
トップへ戻る