佐賀「THEATER CIEMA シアター・シエマ」で『キネマの玉手箱』

2020/8/4/9:08

7月31日の『海辺の映画館―キネマの玉手箱』公開に合わせて、小社刊行の『キネマの玉手箱』を委託販売していただけるシアターが増えていますが、9月11日から『海辺の映画館―キネマの玉手箱』を公開する佐賀県佐賀市の「THEATER CIEMA シアター・シエマ」さんでも『キネマの玉手箱』を扱っていただけることになりました。

「THEATER CIEMA シアター・シエマ」(シエマは空が広い佐賀にちなんでシネマとスペイン語の“シエロ=空”を合わせた造語)は、ふたつの常設スクリーンにカフェを併設したユニークな映画館。「映画館だけど映画館じゃない場所」というコンセプトのもと、さまざまなイベントを取り入れて映画上映を行ってきました。

大林宣彦監督は『花筐/HANAGATAMI』で唐津市、『水の旅人 侍KIDS』で佐賀市をロケ地に選び、佐賀市で開催される古湯映画祭のゲストにたびたび招待されました。大林監督の“古里映画”の舞台となり、監督の思い入れも深かった佐賀。その地で映画館で『キネマの玉手箱』を扱っていただけることを大変嬉しく思います。「THEATER CIEMA シアター・シエマ」さん、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする