「川越スカラ座」で『キネマの玉手箱』

2020/10/10/6:22

埼玉県川越市にある「川越スカラ座」で10月17日(土)~30日(金)に『海辺の映画館―キネマの玉手箱』が上映されます。
「川越スカラ座」は1905年(明治38年)に開業した寄席「一力亭」をもととする老舗映画館。時代の流れの中で改称しながらも川越市内の映画ファンに親しまれてきました。現在は特定非営利活動法人「プレイグラウンド」が運営しています。
大林宣彦監督は生前、「川越スカラ座」で何度も舞台挨拶やトークショーを行ってきました。2018年2月には『花筐/HANAGATAMI』初日舞台挨拶で「川越スカラ座」を訪れています。
大林監督と縁の深い「川越スカラ座」で小社刊行の『キネマの玉手箱』を取り扱っていただけることになりました。
「川越スカラ座」さん、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする