今の時代に考えなければならないことを示唆

2020/5/3/4:59

ユニコ舎に千葉県浦安市のHさん(68歳、男性)から『キネマの玉手箱』の感想が寄せられました。Hさんの承諾を得たうえで、ここに掲載させていただきます。Hさん、ありがとうございました。


『キネマの玉手箱』が届きました。
本が届いてすぐ、ぱらぱらと拾い読みをはじめたら、つい全部読んでしまいました。
大林宣彦監督が語りかけてくださるような文章に引き込まれ、あっという間に時間が過ぎてしまいました。特に「虚実の章」は映画の楽しさに引き込まれ、「非戦の章」は今の時代に考えなければいけないことが示唆され、いろいろ考えてしまいました。
森泉岳土さんの装画も、是枝裕和監督のあとがきも素晴らしく、とても良い本をありがとうございました。
ユニコ舎(名前が良いですね。私は大林監督ファンですが同時に手塚治虫ファンでもあります)の今後の出版物に期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする